無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月19日 (月)

大丈夫か !? GIBSON !!

  エレクトリック・ギターの老舗、ギブソンが倒産の危機 !?
  こちらの記事「Guitar company Gibson reportedly facing bankruptcy 」より。

  ある年代のギター少年だった世代の憧れのブランド。
  かくいう私もギブソン・ユーザーだったりします。

  2007 ~ 2008 年には、創業者系経営陣が戻ってきて month of guitar なんて 1,000 本限定ギターを出したりして、遊び心満載の老舗だったのに。誰が弾くのか謎の GIBSON REVERSE FLYING V なんてもあったり。また、これがプレミヤ付いて売れたりする不思議。

  7 月の借り換えが問題のようですが、 Henry Juszkiewicz さんのコメントがいまいち理解できないなぁ。まぁ、どうするか時間の問題だという言っているようですが、来年は最高の財務実績と言っているので、 7 月を乗り切ればという事かな。でも、日本的常識から言うと「今を越せばあとは大丈夫」って言っている会社って一番ヤバいよね。う~ん。

  趣味的に言うと、へんな投資家が入ってつまらなくなるなら小規模でも特徴のある質の良いギターを作り続けてほしいもんです。

2018年2月17日 (土)

ロボット掃除機 シーシーピー LAQULITO CZ-861 の分解掃除

  結構有用な安価なロボット掃除機シーシーピー製 LAQULITO CZ-861 ですが、ある時電源を入れても LED が少し光るけで動作しなくなりました。まぁ、そろそろバッテリーの寿命かなと交換用バッテリーを購入。バッテリーが届いたので挿入して充電。さて、スイッチオン ! あれれ ... 同じ症状。壊れたのかな !? 2013 年製なので 4 年以上使用したことになるので寿命と言えばそうですね。もう捨てるしかないか ... でも、新バッテリー購入したのになぁ。どうせ捨てるなら分解して構造を見てみようとなったわけです。ここからはメーカー保証外になりますので自己責任で。

Laqulito_cz861_01

  まずは裏返して ( カブトガニか三葉虫のようです ) 駆動輪まわりからばらしてみました。ここのネジを外してカバーを外してコネクタを抜くだけで駆動輪が取り外せます。

Laqulito_cz861_02

  左側がカバーを外しただけの状態。右側は駆動輪を取り外した状態。写真を撮り忘れましたが、駆動輪の軸周りには糸状のゴミが結構まとわりついていました。駆動輪を外すとそれらは簡単に掃除できます。駆動輪モーターの負荷になるので、これは定期的にメンテナンスした方が良いのかもしれません。

Laqulito_cz861_03

  裏側から見えているプラスネジを外していくだけで分解できました。 2 箇所は深めの位置にあるので軸が長めのドライバーが必要になります。しかし、単純でありしっかりとしたシンプルな設計です。素晴らしいですね。前面のバンパー部にも細かい埃が溜まってバンパー部の動きを阻害していたようなので、それもきれいにします。

Laqulito_cz861_04

  まずは、掃除機の心臓部であるファンの拡大写真。こう見るとチャチに見えますが十分に埃を吸い込んでいましたので機能として十分な設計なのでしょう。

Laqulito_cz861_05

  メイン基板部のアップの写真 2 枚です。故障の原因としてバッテリーの充電はできているので、どこかのコネクターの緩みか半田の割れもしくは電源スイッチ周りのコンデンサーの劣化かなと想像していましたが、目視やテスター等では原因不明でした。

Laqulito_cz861_06
Laqulito_cz861_07

  とりあえず、わずかな望みを持って接点洗浄スプレーをメイン基板に使用して清掃しました。コネクターやスイッチ部も同様に。試しにバッテリーを接続して、スイッチオン !! ファンが回りだして、駆動モーターも動き出しました !! 動かいない事を前提に机の上に各パーツを置いていたので、机の上が大騒ぎ。

  分解した手順と逆に組み上げ。
  うれしいことに問題解決しちゃいました。
  駆動部やバンパー部を清掃したので、走行性能も購入時に戻ったみたい。災い転じて福となるでしょうか。この 2 箇所は定期的にメンテナンスした方が性能維持のため良いのかもしれません。メーカーは保証は無くなるでしょけどね。

2018年2月16日 (金)

コクヨ 2way ハサミ HAKOake

  ホームセンターの文具売り場で見つけて衝動買い。ハサミとカッターナイフの合体。目的は梱包箱の開梱に絞った、このアイデアは良いですね。オフィシャルページはこちら。この人をくったような安直なネーミングもグッド。

  見た目は普通のハサミ。

Hakoake01

  ハサミの刃を閉じた状態で持ち手の部分のスライドスイッチをスライドさせるとハサミの刃先からわずかに飛び出すカッター部。

Hakoake03

  梱包箱のテープ部分をこのカッターの刃先でカットできます。普通のカッターナイフを使って「ざっくり中身まで !! 」なんて失敗はなくなります。

  通販がこれだけ広まったことによるアイデア商品なんでしょうね。ハサミとカッターナイフを一緒にするというアイデアはあったでしょうけど、スマートに実現したアイデアは凄いですね。カッターの刃は交換できないようです。う~ん。厚めガムテープなどの場合、粘着物質が結構付着するので、普通のカッターでも刃をカットしないと切れ味が落ちたりしますが、この HAKOake への影響はどうなのでしょう。アルコールで拭けば良いのでしょうけど。ハサミ部はグルーレス刃ということで粘着物質は付きづらくなっているようですが ...

  業務で使っている訳ではないので、まだまだ大丈夫です。

2018年2月15日 (木)

柏崎験潮場

  大荒れの日本海側地域。スポットで天気が回復。柏崎の柏崎験潮場へ。鯨波海岸という夏はきっと混んでいる海水浴場の隅にひっそりと存在している施設。誰も気が付かないだろうなぁ。一応、説明板もあるのだけど。

Kashiwazaki1

  この建屋の中には東日本大震災以降ニュースでもたまに取り上げられる日本全国に約 1,300 点設置されてる電子基準点と呼ばれる GNSS ( GPS ) 観測機があります。地殻変動などを観測して地震予測に役立てようという話になるやつですね。観測できるのはアンテナ位置の地表なので、地震予報にどれだけ役立つかは、まだまだこれからの解析手法の進歩によるところですけどね。眉唾ものの話も結構あるので騙されないようにしましょう。

Kashiwazaki2

  すぐ隣には水準点もありました。

Kashiwazaki3

  こちらの名産らしい「鱈の親子漬」。まだ食べていなので不明。白いご飯にあいそうですね。おつまみかなぁ。

Kashiwazaki4

2018年2月14日 (水)

バレンタインデイ

  すっかり忘れていた。レンタカーを返却したら「バレンタインデーなので粗品です。」と手渡されて思い出した次第です。

Valentinesday

  ポッキーだし、ちょうど電車に乗るのでスナックとしてちょうど良いですね。

2018年2月12日 (月)

平昌オリンピック・パラリンピック

  ニュースもオリンピック一色ですね。日本海側の大雪とオリンピックしかニュースは無いのか !?
  しかし、アスリート・ファーストという意識はどこに行ってしまったのでしょう。結論的には、視聴率の高い ( コマーシャル価値の高い ) 地域に合わせるという商業主義ファースト全開状態ですもの。それは悪い事ではないですよね。偽善的な言葉で飾らなければね。とんでもない時間の設定だよね。

Pyeongchang20181

  しかし、競技になっていないのでは !? 怪我をした選手もいたそうで。アスリート・ファイナルですね。

Pyeongchang20182

  ところで、何でオリンピックとパラリンピックって分けて開催されるのでしょう。障碍を持つ人にもスポーツに参加するという建前なら、同時開催にしないと本来の意味がないよね。健常者だけの種目があり、障碍者だけの種目があり、両者とも参加できる種目ありというのが本来の姿ではないかと。オリンピックだけも 1 か月近く続けるのだから、合わせて 2 か月程度かけて同時開催でも良いのでは。商業主義的にはマズイか。

  パラリンピックは東京オリンピックから始まったと宣伝しているなら、 2 回目の東京オリンピックで変革できれば、素晴らしいと思いますけどね。すでに商業主義全開だし、鮫の脳みそだから無理だね。

  どうせなら、ドーピング・クラスも作ってしまえば良いのに。

2018年2月11日 (日)

ド通る コーヒー飲料

  受験シーズンに語呂合わせのようなグッズ商品が販売されるようになったのではいつなのでしょうね。色々なグッズが出るようになったのはここ 20 年程度でしょうか。

  スーパーマーケットに行った時に目に付いたので思わず購入。ドトールコーヒーもこんなの販売してるんだぁ。

Doutor

  学生服版の「ド通る シャッキリブラックコーヒー」とセーラー服版の「ド通る やすらぎカフェ・ラテ」の 2 種類。本当の受験生は購入しているのでしょうか。

  社名を無理やり使うアイデアに脱帽。これって日本語かどうか問題ですけど。
  オフィシャルページはこちらから。

2018年2月 8日 (木)

完成検査業務

  スバル車に乗っていますが、年末に「当社製自動車の完成検査業務に関わる不適切事案のお詫び」という連絡がありディーラーに検査に行きました。すでに 1 回目の車検は過ぎているのに対象になるんだと驚き。

Subaru

  ニュースを聞いた時には「スバルが !? 」と驚きました。まぁ、その前の日産のニュースの時にはあって当たり前のような気がしていましたけど。

  誰がリークしたんでしょうね ? そっちの方が興味あるな。社内調査からならりっぱな話ですけどね。

2018年2月 7日 (水)

とんちんかんな話

  日馬富士関の傷害事件から何かマスコミ含めて判官びいきも良いけどなんか論点がズレて滅茶苦茶な気がします。

  ましてやこちらの記事「貴乃花「私は正しかったと思います」 協会は「警察的に機能する組織ではない」」は何なんだろう。こんな発言を喜々として取り上げるマスコミは何を考えているんだろう。完全にレトリックの塊。詐欺師並みの話の持って行き方ですね。

  相撲協会は各相撲部屋が加入する団体なので、一般的には社団法人とほぼ同等と考えられるとすれば、その団体の理事が各社の社員を連れて行事に参加したとします。その中で業務外で傷害事件が発生すれば、警察に通報するのは当たり前の行為です。そして組織の上部に責任者として警察に伝えた内容を報告する義務があると考えられます。

  「協会は警察的に機能する国家的な組織ではございません」何を当たり前の事を言っているのでしょう。だからと言って団体上層部に報告しなければ、団体として成り立ちません。どんな社団法人も警察的な機能は持ちません。だからと言って責任者が報告しなければ、通常なら除名ものでしょう。ガバナンスという概念すら無いのかな。

  なんで堂々とこんなことを言わせるのでしょうか ?

  事件としては、単なる傷害事件と無責任で自分勝手な理事というだけのものではないでしょうかね。日馬富士関は傷害罪として刑事事件として処理されて、貴乃花親方は除名処分というのがまっとうではないかと思います。バカな噺家が、「貴乃花親方の正義が ... 」みたいなコメントを出していたりますが、何か正義なのかその常識の方が異常なんだけどね。

  相撲の危機があるとすれば、常識はずれの正義感ぶりと横綱審議委員会の何をどの場で発言するかわきまえない人達でしょう。審議委員長は毎日新聞の方ですね。さもありなん。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30